あの日までのこと(9)

c0227245_19130643.jpg

こんな風景がいつまでも
続いてほしかったけど・・・
そういうわけにもいかないしねぇ。

(続きです)

あの日。帰ってきてから
まるで寝てるみたいに
うまくじーやにベッドへ
置いてもらったアッシュさんを
そっとなでたばーや。

こうやってばーやに
なでられるの嫌がってたけど、
今はもう文句言わへんなぁ。

やっと思い切りなでさせて
もらえたと思たら、それは
まだあったかい亡骸やった。

どんなに泣いても泣いても
涙が湧いてくるみたいやわ。

ちょっとして、鼻かんで
少し落ち着いたと思た時、
じーやの実家のハハから
電話がかかってきました。

少し前にじーやが連絡した
みたいで、珍しくじーやの
携帯でなく家の電話だったため
ばーやが出たところ、ハハに
「泣いた?」て聞かれました。

多分・・・今なら、ハハも
泣けたけどばーやも泣いた?
て意味で聞いたんだろうなて
思えるのですが、その時は
ちょっとショックで・・・
何も答えずすぐにじーやに
受話器を渡しました。
『泣かへんはずないやん!』
心の中でそう叫んでました。

さらに、ちょうどハハの
家に遊びに来ていたという
近所の方まで電話に出てきて、
飼ってた猫が亡くなった時
遺体が傷んだからじーや家
すぐにお腹の所に氷を置いて
冷やした方がいいだの色々
アドバイスされたようで。
その電話を切ってから、
じーやがばーやにそのまま
伝えた時、なんとも怒りが
こみ上げてきて仕方が
ありませんでした。

「悪いけど、お母さんも
お母さんのお友達も
デリカシーなさ過ぎや!!」
そう言ってじーやに怒りを
ぶつけてまた泣きました。

悪気がないのはわかってるけど
帰って来て間がない、まだ
暖かいアッシュさんの体を、
もう厄介もののように扱えと
言われたように聞こえて・・・
それでなくても悲しくて
たまらないのに、この
電話でさらに追い打ちを
かけられた気分でした。

でもネットで泣きながら
調べると、梅雨や真夏以外は
冷やさなくてもよさそう
だったので、とりあえずは
うちにあった保冷剤を
集めてビニールの袋に
入れてベッドの近くに
置いてみたものの、到底
体の近くに置く気には
なれず、それでなくても
だんだんと体温らしい
暖かさがなくなってるのが
手の平に伝わってきて
また泣けてきます。

それでもふだん通りに家事
してから、ネットでペットの
火葬場を調べながらふと目を
やると、まるで寝てるように
しか見えないのに、なんで
こんなん調べてるんやろと
これまた涙が出てきて・・・

結局、近所で2、3件見つけた
ペット霊園のうち、いつも
じーやと散歩で前を通ってた
所に決めました。車で通った
時にも、何度もいつかここで
お世話になるかもねぇ、なんて
軽口言ってた所に、とうとう
本当にお世話になる日が
やってきてしまいました。

悲しいけど予約しないと。
こういう所は24時間365日
受け付けて火葬もして
いただけるんですねぇ(驚)
電話で問い合わせると、静かな
口調で丁寧に説明してくださり
翌日の夕方4時に連れて
行くことになりました。

アッシュさんとの最後の夜です。
夢でもいいから出てきて
ほしいなぁ。空耳でもいい、
ほんの小さな音でもいいから、
カシャカシャとフローリングを
歩く爪の音が聞けたらなぁ。
そう思いながらなかなか
寝つけないばーやでしたが、
夢も気配もないまま・・・
こうして、悲しい1日は
終わっていきました。

(続きます)

# by ash365 | 2017-06-10 17:44 | その後 | Comments(0)

あの日までのこと(8)

(続きです)

3月10日の病院での続きです。

ドラマやったら、先生が諦めた
患者さんに家族が呼びかけたり
心臓マッサージしたら、奇跡が
起きて蘇生することも。ばーやも
いざとなったら!なんて思てた
けど、現実はこんなもんです。

アッシュさんを飼うずーっと前に
ハムスターを3匹飼ってた話や
半年で亡くした黒いうさぎの話、
なにもこんな時にせんでも
ええのに。じーやが到着する
までの間、泣きながらそんな
どうでもいい話をするばーや。
また、先生やスタッフさんも
神妙な顔で聞いてくれてて。
それよりも、もっと聞かなあかん
ことや話せんならんことあるのに。

じーやが処置室に入ってきて
先生の説明が始まったけど
ばーや泣き過ぎて疲れて
座らせてほしいと言ったので、
いつもの診察室に移動して
その間アッシュさんを数人の
スタッフさんがきれいにして
くれることになりました。

じーやとばーやが帰ったあと、
とにかく心拍数を減らして楽に
すること、肺水腫になるのを
防ぐ処置などいろいろ手当して
一時はこれなら帰せそうやなと
先生が思ったほどに回復してた
そうなんですが・・・

しんどくて伏せすることも
できなかったのに、処置室から
個室に移されて、お座りして
先生とアイコンタクトも
とれるほどになってたとか。
でも、気づいた時には
喀血して倒れてたそうです。

他にも患者さんいてはるし
それぞれに色々忙しいのは
わかってる。わかってるけど!
目を離された数分の間に
急変したと聞いて、どうにも
やるせない気持ちになりました。

それから、さらに詳しく
聞いていくと、心臓がばくばく
するのはだいぶ収まって本人は
楽になってたようなのですが
やはり弁膜症からの肺水腫になり、
じわっと肺に溜まってたらしい
血を手の平の大きさほど吐いて、
その時心不全が起きてしまった
らしい、とのことでした。

泣きながら何度も確認したけど
喀血してるところは誰も見て
なかったそうです・・・
その時、すぐに処置して
もらってたらあるいは、
思って未練がましく聞いて
みても、今まで血を吐いて
助かった子はほとんどいない
んですと先生に言われました。

良いように考えれば、多少は
目を離しても大丈夫なほど
一時は回復してたんだろうけど。
先生にも「この子は我慢強くて
痛いとか不満言わないでしょう」
なんてことも言われたけど。

だからこそ、なおさら目を
離してほしくなかったのに!
と不満をぶつけたいのと、
悲しいのでいっぱいいっぱいで。

先生は、やれるだけのことは
しましたと言いました。
それは本当だろうし、それは
当たり前だし、そうでないと
飼い主として納得できません。

アッシュさんのことなら
どんな細かいことでも
聞いておきたいばーややけど
こういう最期の様子を聞けば
聞くほどぶつけられない怒りと
悲しみがつのるばかりです。

何年もお世話になってて、
シニアになってからは特に
いろいろ病状が出る度まめに
相談してただけに、正直
こんな肝心な時にこそ、なんで
助けてもらえなかったのかと
いう思いは今もずっとあります。

結局。
何を言っても、考えても、
泣いても、聞き出しても、
アッシュさんが数時間だけ
先生とスタッフさんたちの手を
煩わせただけで、だまって
誰にも看取られずに、そっと
逝ってしまったということが
わかっただけでした・・・

何度同じような質問してみても
もう還ってはこないし、知れば
知るほど悲しいばっかりや。
血で汚れたお口の周りなど
拭いてもらって、なぜか
バンダナまでつけてもらって
「アッシュちゃんきれいに
なりましたよ」って聞いたら
潮時です。いつまでも病院に
いてても仕方ありません。

じーやに駐車場から病院の
近くの車道まで車を移動して
きてもろて、泣きながら
挨拶済まして後ろの座席に
座ったばーやに抱っこされた
アッシュさんは、最後に先生や
スタッフさん見送られ病院を
後にすると、いつもの公園
寄り道してもらい、それから
やっと帰ってきたのでした。

c0227245_00362749.jpg

おかえり、アッシュさん。
よぅがんばったね・・・

(続きます)


# by ash365 | 2017-06-09 21:10 | その後 | Comments(2)

今日のお花

c0227245_19075045.jpg

その名も白雪姫という芍薬。
何枚も重なった白い花びらと
ふわっと漂う上品な香り。
まるでウエディングドレスみたい
と思ったら、純白だからやはり
ブライダルにもよく使われるそう。
店先で1本だけ残っててだいぶ
咲いてたから迷ったけど、
名前と佇まいが気に入りました♪


# by ash365 | 2017-06-08 23:59 | その後 | Comments(0)

あの日までのこと(7)

(続きです)

3月10日。アッシュさんが
逝ってしまった日の話です。
病院から帰ってきてから
ふたりで軽く昼食を食べて
何かするでもなく、ネットで
ぼーっとニュースなんか見て
過ごしてたのを覚えています。

今頃処置してもろてるやろな。
連絡ある夕方までまだ間あるな。
アッシュさん初めての入院やな。
パソコンのモニター見てても
頭でそんなこと考えてました。

でも。実際に病院から電話が
かかってきたのは、聞いてた
時間よりも早い2時でした。

こんな風に連絡が早い時は、
大抵悪い知らせが多いもんです。
テーブルに置いてたばーやの
iPhoneが鳴って、病院の
名前が出たのを見た時に、
もう心のどこかで覚悟して
普通に電話に出てました。

だからすぐに病院に来てくれと
告げられた時も、取り乱すでもなく
ああ、これはもうあかんのかも・・・
そう思いながら、わかりました、
できるだけ急ぎます。とだけ答えて
あわてて二人で向かいました。

じーやが駐車場に行ってる間に
一足先に病院に入ったばーや。
ちょうど夕方の診察時間前で
待合室にも受付にも誰もいなくて
照明もちょっと落とされていて
ドアを開けると鳴るチャイムを
聞きつけたスタッフの人に
奥へどうぞと言われました。

今まで入ったことのない部屋。
いつもの診察室のそのまた奥の
処置室の診察台の上で
人工呼吸器つけられたまま
少しまぶた落として、なんにも
見なくなってしもた目をして
横たわったアッシュさんが、
じーやとばーやのお迎えを
待ってくれてました。

「アッシュちん、アッシュちん?」
ばーやが作ったアッシュさんの歌。
ついその名で呼びかけながら
そっと体をゆすると、その時だけ
つけてる機器の波数が動きます。

できるだけ泣かんようにと
思て来たんやけど・・・
もしや、と涙流しながら先生に
聞いても、それはアッシュさんが
息をしてるんやなくて、ただ
ゆすった振動で動いただけで。
スタッフさん、先生の顔見たら
そんなこと聞いても無駄やのに。

こんな時、飼い主さんが病院に
到着するまで人工呼吸器だけは
つけたままなようです。
心臓はもう動いてへんのに・・・

(続きます)

# by ash365 | 2017-06-08 20:50 | その後 | Comments(0)

今日のお花

c0227245_23082759.jpg

ほぅ、こんな色のスプレー
バラもあるんだねぇ(驚)
花というより葉っぱみたいな
野菜みたいな感じ・・・?

# by ash365 | 2017-06-07 00:46 | その後 | Comments(2)

あの日までのこと(6)

c0227245_23471221.jpg

こんな風に、いっつもだまーって
そっと様子を見る性格やったねぇ。


あの晩も、痛いともしんどいとも
苦しいとも、クンともワンとも吠えず
ただだまって耐えてたんやろねぇ。

(続きです)

体の揺れがさらに大きくなったのに
気づいたのは3月9日の夜の10時前。

伏せたり座るとしんどいらしく、
ふんばって立ったままじっとして
いるのですが、横倒しになれて目を
つむってることもあるので、
その間にいつものように交代に
シャワーを浴びたじーやばーや。

じーやは先にベッドに入ったけど
ばーやがシャワーから出てきたら
アッシュさん立ってました。
忘れもしない午前3時頃です。

「なんで、こんなに苦しいん?」
そう訴えてるように見えて
思わずそっと横にしゃがんで
そっと胸さすってあげたけど。

ばーやに触られるのが好きやったら、
さすって少しでも楽になるなら、
一晩中でもさすってあげたい。
でも、ばーやに触られるのが嫌いな
アッシュさんやから、かえって
ストレスになってもあかんしなぁ。

心電図の上からさわることにも
なるし、ちょっとだけにしたけど
ほんまにあれほど、ジレンマに
苦しむことはなかった・・・

少しして、よろよろ歩いてじーやの
そばのベッドに向かったので、
ばーやも気にしつつ横になりました。

気づけば朝の9時過ぎてて
あわてて起きて朝食の用意して。
その頃にはアッシュさん、
フード見せても興味を示さず
横になってたので、その間に
ささっと二人で朝食済ませて。

診察時間が始まるのを待って
電話して、様子が変わったから
今から連れて行くってわざわざ
言ったのに、電話口のスタッフさん
いつでもいいから来て下さいって
呑気に返事されたのがいまだに
ちょっと・・・と思ってる。

急いで用意してじーやが抱っこして
駐車場まで運んで、車出す間だけ
地面に下ろしてたけど、車から
病院まで運んだのばーやだったか
じーやだったか・・・覚えてない。

ともかく病院に着いたら誰も
まだ患者さんいなくて、すぐに
診察室に呼ばれたけど、先生
アッシュさんの様子見るなり
心電図取るように指示して、
スタッフさん数人でジャケット
脱がせ始めました。ばーやは
待合室で待てって言われて。

駐車場から病院に向かってきてる
じーやに「着いた途端ベスト
外したで。今レントゲン中」って
ラインしたのが11時20分。

すぐに到着したじーやと二人で
昨日の晩からの様子やじーやが
撮ってた動画などを見せて先生に
説明するんだけど、先生は
診察室内で緊急処置もせな
あかんし、出たり入ったりで。

結局、とにかく今日はこのまま
処置を続けてもろて、夕方
落ち着いた頃に1度電話をもらう、
今晩は入院になる、ということを
聞いて、書類にサインしてから
自宅に戻ることになりました。
3月10日お昼頃のことでした。

(続きます)

# by ash365 | 2017-06-06 23:15 | その後 | Comments(0)


我が家のわんこライフを時々発信中♪


by ash365

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


無料

無料


ペットのおうち

ブログパーツ

最新の記事

クロちゃん3分クッキング
at 2017-09-20 03:22
あれから190日
at 2017-09-16 03:26
日付けの話
at 2017-09-09 16:11
今日のお花
at 2017-09-07 16:47
ぴかぴかとしょろしょろ
at 2017-09-06 13:38
兄さんのベッド その後
at 2017-08-27 23:45
変化
at 2017-08-17 23:43
今日のお花
at 2017-08-14 00:17
今日のお花
at 2017-08-02 13:59
あれから140日
at 2017-07-28 17:28
心の中で
at 2017-07-26 01:43
今日のお花
at 2017-07-21 21:42
今日のお花
at 2017-07-20 22:30
兄さんのベッド
at 2017-07-16 01:10
今日のお花
at 2017-07-15 00:57

カテゴリ

その後
アーカイブ
今日の散歩
ぼっちゃんライフ
いつかの散歩
こんなの見つけた!
撮りました
フードあれこれ
じーやの大阪散歩
ばーやのひとりごと
ごあいさつ
■ 旧ブログはこちら ■

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

最新のコメント

> nobikunJさん..
by ash365 at 23:33
> inumochiさん..
by ash365 at 16:17
> inumochiさん..
by ash365 at 15:49
「写してる時も、この瞬間..
by nobikunJ at 17:22
多分、あっしゅさんと暮ら..
by inumochi at 11:18

お気に入りブログ

JOJO & FIO ...
深夜を廻る頃・・・
僕とマダムと先生と
294ものぶろーぐ・2
kun-kun+kuro-ro
ヨーキー はちのお留守番...
でんでんでん2

ブログジャンル

犬
日々の出来事